ネンガ挨拶

このページでは年賀状作成ソフト『筆王』を使った年賀状印刷について紹介するよ。

男性悩む

筆王は簡単なのかな?どんな年賀状が作れるんだろう?

筆王

『筆王』の特徴は、「スタンプなどを使った独自デザインとフォントの豊富さ」にあります。

『筆王』を使った年賀状印刷

筆王年賀状作成

『筆王』は「住所録」「表面」「裏面」「印刷」まで1画面で選択できるようになっています。
これを順番に行っていけばいいのでわかりやすいです。

このページでは以下の3点を紹介します。

  1. 年賀状表面(送付先住所を書く面)のデザイン
  2. 年賀状裏面(干支や挨拶文を書く面)のデザイン
  3. 年賀状の印刷

表面に印刷する住所や住所録の扱いは別のページで紹介しています!

1.年賀状表面のデザイン

筆王表面

表面では「住所録」で作成した相手の宛先と差出人をレイアウトできるようになっています。

筆王表面2

まずは「はがきの選択」になります。
ここでは、「かもめーる」「はがき標準」「年賀はがき」などの印刷レイアウトが用意されています。
年賀状だけでも、「エコーはがき」や「ディズニー」「エヴァンゲリオン」などのキャラものはがき専用のレイアウトが用意されています。

筆王表面3

次に「配置パターン」です。

ここでは、宛名や差出人のフォントの変更、横書き縦書きなどの設定ができます。
都道府県の表示・非表示、姓名の間にスペースを入れるか入れないかなど細かい設定も可能です。

また、追加で文字を入れる「テキストボックス」や画像を入れる「写真追加」もできます。

2.年賀状裏面のデザイン

筆王裏面

裏面では年賀状のデザインを編集することができます。

筆王デザイン

「素材・デザインの追加」をクリックすると、別画面で「素材パレット」が開きます。
ここから、3000点以上のテンプレートデザインの中から元となるデザインを選択して、素材を入れ替えたり、スタンプを追加したり、自分好みのイラスト年賀状を作成できます。

筆王デザイン2

テンプレートデザインはそれぞれのパーツごとにサイズを変更したり、入れ替えができます。

ネンガポイント

テンプレートを元にして、細かい部分を変更する。
自分オリジナルの年賀状が作りやすいんだね

筆王スタンプ

また、『筆王』の特徴でもある手書きのようなスタンプを入れたりすることもできます。

筆王デザイン4

それぞれの素材は別画面で色調やサイズなど細かいところまで編集ができるようになっています。

筆王フォント

152書体の豊富なフォント数も魅力で、テンプレの他に自分でテキストを入れることもできます。

3.年賀状の印刷

筆王印刷

『筆王』では自宅のプリンターで印刷することもできますが、直接ソフト上からネットプリントに印刷を申し込むこともできます。

筆王で年賀状印刷をすると安い?高い?

ネンガ泣く

ネットプリントは1枚82円からだけど、印刷屋さんに比べるとかなり割高なんだよね。

男性ショック

はがき代62円を入れると1枚150円くらいか。
筆王のソフト代も必要だし…

ネンガポイント

ネットから注文できる年賀状印刷の価格を比較しているから参考にしてみてね。

ネット注文可能な年賀状印刷比較表(価格、サービス、納期など)

年賀状印刷サイト比較まとめ