喪中はがきのデザインを選ぶ

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法

喪中はがきPRO公式サイトメニューから3つのメニューいずれかをクリックしてみましょう。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法2

喪中はがきPROでは、

  • 官製はがきスタンダード(30種類)
  • 官製はがきスタイリッシュ(23種類)
  • 私製はがきデザイン(15種類)

3つのデザインカテゴリから全部で68種類のデザインを選択できます。
カテゴリは上部メニューをクリックすることで変更可能です。

年賀承太郎_喜ぶ

「官製はがきスタイリッシュ」には横書きデザインも用意されてるよ!

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法3

デザインをクリックすると拡大プレビューが表示されます。

年賀承太郎_ポイント

喪中はがきPROでは、挨拶文の変更と差出人情報の変更のみ可能になっています。デザインの詳細な位置変更などはできません。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法4

今回は「官製はがきスタイリッシュ」から青空をイメージしたデザインを選んでみました。
シンプルかつ余白部分があるのが気に入っています。

プレビュー下にある「このデザインで注文する」をクリックします。

喪中はがきを注文する

喪中はがきPROでは1画面で注文から印刷内容の変更までを行っています。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法5

まずは注文者情報から入力していきます。

クーポンコードの入力欄があります。
クーポンコードは時期によってサイト上に表示されたりするようです。
今回は入手できなかったので空欄で進めます。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法6

支払い方法と届け先の入力をしていきます。

支払い方法は、

  • 銀行振込(入金確認後の作業開始)
  • 代金引換(手数料:無料)

から選択可能です。

年賀承太郎_泣く

クレジットカード決済がないのがツライ!!

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法7

届け先住所の下に配送希望時間帯の選択ができます。
最短納期希望の場合には「指定なし」がオススメ。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法8

注文枚数と仕上り確認の有無を決めていきます。
印刷最小枚数は20枚から可能です。

喪中はがきPROでは、変更した印刷内容をプレビューで確認することができません。
そのため、印刷前にレイアウト済みの見本をネット上で確認する「ネット校正(800円)」があります。
印刷内容の分量が多かったり、改行など気になる方は事前確認を申し込むといいでしょう。

年賀承太郎_ポイント

印刷前の確認はファックスでの校正も可能です。
ファックス確認の場合、無料でできるので、家にファックスがある人はこちらがオススメ。

注文フォーム備考欄に「FAX校正希望」とファックス番号を記載すれば頼むことができます。

喪中はがきの裏面を作る

印刷内容は挨拶文例を選択して、下に享年や故人名など訂正が必要な部分を入力していく形になります。
挨拶文例によっては差し替えが不要なものもあります。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法9

挨拶文例選択横の「文例一覧はこちらをご覧ください。」から挨拶文例を確認しましょう。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法10

挨拶文例はアルファベット順で並んでおり、赤字部分を記入することで変更が可能です。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法11

挨拶文記入欄は挨拶文例以外にもオリジナル文章を入れることで差し替えができます。

年賀承太郎_ポイント

数字は算用数字で記入された場合でも漢数字に変換して印刷されます

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法12

文末年号と差出人氏名を入力していきます。
苗字が同じの連名の場合、姓は記入不要になります。

年賀承太郎_ポイント

記入欄が足りない場合は備考欄に(追加連名:○○)と記入することで追加が可能です。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法13

郵便番号と住所までは記入必須で電話番号などは入れなくても大丈夫です。
「アレンジ」では挨拶文や住所部分のフォントを大きめにすることが可能です。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法14

「備考欄」には「宛名印刷希望」や「FAX校正希望」など必要なものを記入していきましょう。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法15

利用規約にチェックを入れて、「記入内容確認画面へ」で次に進みます。

喪中はがきPRO喪中はがき注文方法16

注文最終確認画面になります。
注文金額や注文内容を確認して、一番下の「お申し込み」から注文完了になります。

喪中ハガキを賢く準備する

当サイトでは、喪中ハガキの印刷料金を総額で随時集計していますので、参考にしてください。

20社以上の喪中印刷屋さんから、最安が簡単に見つかります。 喪中状印刷比較表