男性光る

ラクスルはチラシやDMの印刷でかなりの大手だけど年賀状印刷もやっているんだね。

ネンガポイント

ラクスルの年賀状は大手ならではの、低価格が特長だよ

2019年度(亥年)の年賀状印刷サイトを比較して、ラクスルは安さがウリの年賀状印刷だと感じました。

早割り・送料無料・宛名印刷無料のキャンペーンサイトを利用しましょう。


【ラクスル公式】キャンペーンサイトはこちら



実際に注文をしてみましたので、感想も交えてラクスルの年賀状印刷を紹介したいと思います。

ラクスルの年賀状印刷概要

宛名印刷 可能(無料)
最短納期 注文から5営業日で発送
1枚あたりの単価(写真なし) 19.5円~(注1)
1枚あたりの単価(写真あり) 写真プリント不可
受け取り方法 自宅へ配送
決済方法 クレジットカード、銀行振り込み
5,000円以上でコンビニ前払い
ポスト投函 不可
特別割引 26%OFF
11/18まで
デザインツールの特長 はがきを購入してから、デザインを入稿する流れが特殊。
文字入力、画像の入れ方はパワーポイントを扱える程度の知識は必要。
ラクスルで年賀状印刷する手順を参考にして下さい。

注1:タイプ:フルカラー、100枚印刷、宛名印刷無しで見積もり。官製はがき代別。送料・税込み。2018/11/04時点の価格
上記は該当サイトの表記内容(2018/11/04時点)を元にまとめました。内容に誤りがないか十分確認していますが、注文前には、ラクスルの公式サイトを改めて確認してください。

ラクスルの特長まとめ

ラクスルの年賀状で一番のポイントは安さでしょう!
1枚あたりの印刷費用が19.5円は圧倒的に安いです。(100枚印刷時の価格)

注文の仕方が少し分かりにくいのは気を付けたいポイントです。
残念ながら写真仕上げはできないので、綺麗な写真年賀状を送りたい方には適さないです。

ラクスルの年賀状はどれだけ安いのか?

ラクスルの年賀状は相当安いと言えます。

「宛名無し」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

35社以上の年賀状印刷屋さんの料金を調査しました。 その結果、カラー印刷の年賀状は5,200円~5,500円が相場だと分かりました。
ラクスルは3,293円円なので、相場よりもかなり安いことが分かります。

「宛名有り」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

宛名印刷可能な30社以上の年賀状印刷屋さんの料金を調査しました。 その結果、カラー印刷の年賀状は6,600円~7,400円が相場だと分かりました。
ラクスルは3,293円円なので、こちらも相場よりもかなり安いことが分かります。

※ラクスルは4枚単位でしか注文ができないので、32枚の価格です

ラクスルの年賀状印刷は使いやすいのか?

パワーポイントが扱えれば年賀状のデザインは難なく出来ると感じました。
少し素っ気ないというか、宛名や挨拶文は自分で位置調整が必要です。
また、真ん中合わせやキーボードでの微調整がなかったので、多少のズレが生じそうな気もしました。

一番の難所はハガキを注文してから、デザインを入稿するという流れが特殊な点です。
私は購入の流れが分からずに、注文が完了しなかったので、ハマる人も多いかもしれません。
ラクスルで注文する方は年賀状印刷の手順を確認してください。

参考:ラクスルで年賀状印刷する手順

ラクスルの年賀状の仕上がりは?

実際にラクスルで年賀状を注文してみました。
クロネコのネコポスで配達されました。ポストに投函されていたので、対面での受け取りは必要ありませんでした。
外袋は紙製ですが、内側がプチプチで覆われて、ハガキは厚紙で保護されているので、配送中の濡れや折れは心配しなくても良さそうです。

そして、注文した年賀状はこちらです。

思ったよりもキレイに仕上がっています。
というのも、他よりも安すぎるので質には期待していなかったんですが、イラスト年賀状では十分すぎるほどの品質です。

業務用のプリンターで印刷しているので、家庭のプリンターよりはやはり綺麗に印刷できているなと感じました。

写真のトリミングを自動でやってくれないので、年賀状のサイズに合わせて自分で大きさを調整しないといけません。
私は調整がうまくいかず、少し小さく写真をいれることで妥協しました。

ラクスルの年賀状印刷がオススメの人

とにかく安く年賀状を用意したい方にはオススメです。
私には無縁ですが、数百枚の大量印刷も可能なので、企業で注文する場合もいいですね。

ただ、注文から手元に届くまでが他のサイトに比べて遅いです。注文から5営業日で発送なので、1週間以上はかかりますね。
早く年賀状が必要な方は特急オプションを付けるか、他のサイトで注文をする方がいいでしょう。

早割り・宛名印刷無料・送料無料の公式キャンペーンサイトを利用しましょう。


【ラクスル公式】キャンペーンサイトはこちら