チラシやダイレクトメールの印刷が低価格できることで有名なラクスルですが、年賀状の印刷もやっているんですね。
年賀状の印刷も激安と言える価格帯です。

ネンガ驚き

価格表を見たら、はがき代が含まれないないのかと思うくらい安かったよ!

男性光る

ハガキ代含んでこの価格は安いな

価格を抑えて年賀状を準備するにはうってつけのラクスルですが、注文の手順にクセがあります
私もラクスルで年賀状の注文をしましたが苦戦しました。。
クセがあるだけで、難しくはありません

でも、いくつか気を付けるポイントさえ抑えてしまえば、低価格でサクっと年賀状が注文できますので、本ページの使い方やコツを見ながら注文してみてください。
年賀状を安く注文したい方は必見です。

ラクスル年賀状

それでは、ラクスルで年賀状印刷する手順を紹介します。
イラスト年賀状を宛名印刷無しで注文する手順を解説します)

ラクスルの利用手順

まずは、ラクスルのサイトを確認しましょう。

ラクスルでは3つの印刷方法が用意されています。

  1. 片面カラー(宛名無し)
  2. 片面カラー/片面モノクロ(宛名無し)
  3. 宛名印刷あり

さっそく、難しい選択肢ですね。
それぞれ解説します。

片面カラー(宛名無し):裏面のみ印刷します。差出人は裏面に印刷されます。
片面カラー/片面モノクロ(宛名無し):裏面と表面の両方を印刷します。差出人は表面の右下に印刷されます。
宛名印刷あり:裏面と表面の両方を印刷します。宛名を表面に印刷します。

表面:宛先を印刷する方。お年玉くじ番号が下にあります。
裏面:年賀状の図柄を印刷する方。一般的に真っ白です。

差出人を表面と裏面のどちらに印刷するかは好みの問題でしょう。
私は、図柄の中に含めたいので、裏面に印刷します。
なので、片面カラー(宛名無し)を選択します。

0.注文の準備

ラクスルで年賀状を注文するには、会員登録が必須です。
新規会員登録をクリックします。

メールアドレスを入力し認証メールが送られます。
メールに従って会員登録を進めましょう。

会員登録後、ログインしておくと注文がスムーズにいきます。

1.年賀状を注文する

ラクスルでは、年賀状のデザインをする前に、注文枚数を決めて購入手続きをします。
まずは、印刷面と印刷枚数を最初に決めます。

今回は片面カラーになります。
宛名印刷をする場合は片面カラー・片面モノクロになります。

印刷枚数を入力します。
入力後、合計金額が表示されます。

ネンガポイント

税別なのは注意だね

発送までの日数を選択します。
発送までの日数を短くすると印刷料金が高くなります。

入力後「カートに追加する」をクリックします。

注文した内容が表示されています。
確認後、購入手続きへ進むをクリックします。

出荷元名義とお届け先を設定します。
設定後「次へ進む」をクリックします。

支払い方法を選択します。

クレジットカード、請求書払い、銀鉱振込、コンビニ払いがあります。
請求書払いは法人と個人事業主のみ。
コンビニ払いは5,000円以上の支払いで利用できます。
選択後「次へ進む」をクリックします。

注文の確認画面が表示されます。
利用規約を確認後「注文する」ボタンをクリックします。

購入完了画面が表示されます。

まだ、注文は完了していません!年賀状のデザインを入稿する必要があります。
「データを作成する(無料デザイン)」をクリックします。

2.年賀状のデザインを作成する

年賀状のデザイン一覧が表示されます。

ラクスルの年賀状は524種類となかなか豊富です。写真を入れた年賀状も注文できます。
おしゃれなものも多いので、よく探してみましょう。

ページをスクロールするとデザインの一覧が表示されます。
好きなデザインを探してみましょう。

デザインをクリックすると拡大されて表示されます。
デザインが決まったら「このテンプレートを使って編集する」をクリックしましょう。

3.年賀状をデザインする

選択した年賀状に差出人や挨拶文を入力します。

ラクスルの年賀状印刷で非常に重要な注意があります!
「ブラウザーの戻る」を使わないでください!

それまでに入力した内容が全て破棄されて、デザインの一覧画面に戻ってしまいます。
画面の「戻る」ボタンをクリックして戻りましょう。

既に挨拶文は入力されています。
変更したい場合は、自分で挨拶文を編集します。

挨拶文の部分をクリックします。
内容を編集するエリアが表示されるので、直接編集します。

挨拶文の文例はこちらを参考にしてください。
年賀状の挨拶文まとめてみました!!【例文】

気に入ったものをコピーして利用するといいですね。

差出人の編集も同様に、差出人部分をクリックして直接編集します。

最後に写真を入れます。
「写真を追加」ボタンをクリックします。

ファイルを選択から、パソコンの画像をアップロードします。
表示された画像をクリックすると、年賀状のデザイン画面に表示されます。

写真の角や辺にある□をドラッグドロップすると、画像を拡大できます。

画像を拡大しすぎるともともとのデザイン(この場合はイノシシの絵)や差出人に重なってしまいます。
重ならない程度に画像を拡大しましょう。

元から入っていたサンプル画像を削除します。
サンプル画像の部分をクリックして、ごみ箱マークをクリックすれば削除されます。

完成したら、右下の「仕上がり確認」をクリックします。

制作データの対応商品という確認画面が表示されます。
ここで、「購入済み商品へデータ入稿する」を選択します。

先ほど注文した年賀状の注文内容が表示されます。
「データ入稿」をクリックします。

入稿方法の選択が表示されます。
「オペレーターチェック入稿」を選択します。

入稿データを選択する画面が表示されます。
「オンラインデザインで制作したデザインを選択」をクリックします。

「データを選択する」をクリックします。

先ほど作成したデザインが表示されるので、「選択する」をクリックします。

「この内容で入稿する」をクリックします。

最終確認画面が表示されます。
データの確認方法を選びます。

【PDF確認あり】は、印刷内容をPDFで送ってもらい、確認しました。と返事をしてから印刷が開始されます。
【PDF確認なし】は、ラクスルのスタッフが目視して問題なければそのまま印刷されます。

印刷ミスが心配な方はPDF確認ありがいいでしょう。十分確認したので、早く印刷して欲しい場合はPDF確認なしでいいでしょう。
選択後、下にある「この内容で入稿する」をクリックします。

こちらの画面が表示されれば注文完了です!

4.ラクスルの年賀状印刷でトクスル

ラクスルの年賀状印刷は手順自体は単純なんですが、知らないと何度かやり直しが必要になります。
年賀状印刷を実際に注文する際には、当サイトを見ながら注文することをお勧めします。

印刷料金はかなり安いので、トライしてみましょう。
注文は早割キャンペーン&送料無料のキャンペーンサイトを利用してください。


ラクスル年賀状公式【キャンペーンサイト】


年賀承太郎からのアドバイス

やっぱりラクスルで注文するのは難しい。
でも、安くておしゃれな年賀状を作りたい。

という方は、他の年賀状印刷屋さんも確認してみましょう。
当サイトでは、年賀状印刷の料金を総額で随時集計していますので、参考にしてください。

年賀状印刷比較表