2017年度(酉年)の年賀状印刷サイトを比較したところ、Rakpo写真年賀状の品質にトコトンこだわっていると感じました。



Rakpo公式サイト
rakpo

Rakpoは印刷機、印画紙、画像補正ソフトの全てを富士フィルム製を利用しています。

写真付き年賀状をとにかくキレイに作りたい方にオススメの年賀状印刷サービスです。

このページでは、Rakpoの年賀状印刷について特徴を紹介しています。
年賀状印刷サイトの比較に役立てば幸いです。

Rakpoの年賀状印刷概要

宛名印刷 可能
納期 最短で翌日発送
1枚あたりの単価(写真なし) 39.6円~(注1)安い!
1枚あたりの単価(写真あり) 70.7円~(注1)
受け取り方法 自宅へ配送
店頭(大阪営業所)引き取り
決済方法 クレジットカード
代引き、銀行振込
キャリア決済(ドコモ、ソフトバンク)
店頭払い(大阪営業所)
ポスト投函 可能
デザインの種類
(写真なし/写真あり)
789/230
特別割引 印刷費47%OFF
12/25まで
特典 年賀状保管箱
年賀シール
デザインツールの特長 使いやすいですが、
少し気を付ける点もあります。

注1:タイプ:100枚印刷、宛名印刷無しで見積もり。官製はがき代別。送料・税込み。2016/11/14時点の価格
上記は該当サイトの表記内容を元にまとめました。内容に誤りがないか十分確認していますが、注文前には、Rakpoの公式サイトを改めて確認してください。

Rakpoの特長まとめ

写真年賀状をキレイに印刷することにこだわりを感じました。

こちらはRakpoのサイトにあった比較画像です。

Rakpo品質比較

左側が業務用のカラープリンターの印刷、右側が写真印刷(銀塩プリント)の年賀状です。

やはり、写真専用で印刷した方がキレイに仕上がっていますね。

写真年賀状の鮮明さを決める大きな要因として、印刷機、用紙が挙げられます。Rakpoはどちらも富士フィルム製を使用することで、「フジカラー品質」を実現したんですね。

ここまで写真年賀状にこだわっているのに、低価格帯なので、相当コスパは高いです。

Rakpoの年賀状はどれだけ安い?

Rakpoの年賀状は写真の品質を追求しているので高いのかなと思いましたが、他と比較して相当安い価格帯です。

「宛名無し」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

年賀状印刷サイトを見てみると、イラスト年賀状は4,500円~5,000円が多い価格帯です。Rakpoは3,750円なので、かなり安いことが分かります。
写真年賀状は4,700円~5,900円が多い価格帯です。Rakpoは4,695円なので、安い部類だと言えます。

「宛名有り」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

宛名印刷可能な年賀状サイトを確認すると、イラスト年賀状は5,500円~6,500円が多い価格帯です。Rakpoは4,560円なので、こちらもかなり安いことが分かりました。
写真年賀状は5,900円~6,900円が多い価格帯です。Rakpoは5,500円なので、宛名印刷をしても安いですね。

Rakpoの年賀状印刷は全体的に安い価格設定です。
とくにイラスト年賀状は安いですが、写真年賀状も品質が高い割りにはかなり良心的な価格設定だと言えます。

写真年賀状の価格比較表はこちらで確認できます。

Rakpoの年賀状印刷は使いやすいのか?

年賀状のデザインが豊富なのですが、検索や条件絞り込みができないため、お気に入りのデザインを探すのが非常に面倒です。
(「たて」、「よこ」や「和風」、「ポップ」などのカテゴリーを選ぶことはできますが、条件を追加していく絞り込みができないのは、少し不便を感じます)

しかし、写真付きのデザインであればページ数も多くないので、比較することは簡単でした。

このあたりからも、本当に写真年賀状に特化した年賀状印刷サイトなんだなと感じますね。

rakpoデザインツール

デザインツールは一般的な操作感でした。差出人や挨拶文を入力して、写真をアップロードするだけです。
挨拶文が正しく反映されないという不思議な挙動がありましたので、私が注文した際の手順を参考にして頂くと分かりやすいと思います。

詳しい使い方はこちらで紹介しています。

Rakpoの年賀状の仕上がりは?

実際にRakpoで注文してみました。

年賀状は紙箱に入っています。簡易的な箱ですが、年賀状入れとしても使えますね。シールについては後述。
rakpo内容物

こちらが印刷された写真入り年賀状です。
rakpo年賀状

大満足な仕上がりです。フジカラー品質を誇るのも頷けますね。

Rakpoは印刷前に画像を補正してくれるのですが、元の画像よりも人物がクッキリと美しく表現されていると感じました。肌の色も健康的に写っていましたよ。

印画紙もいいですね。手に持った感じがツルっとしていて、写真特有の少しベタ付く感じが一切ありません。

「あー、いい紙使ってるなー」というのが伝わるでしょう。

地味に嬉しかったのが、Rakpoの年賀状におまけとして付いてきたシールです。

rakpo年賀シール

付属のシールを貼るだけで、手が込んでいるように見えるんですよ。それに、シールは子供がとにかく喜ぶんですよね^^

※シールが付属することは、Rakpoサイトには記載がありません。シールが付かないこともありえます。

Rakpoの年賀状印刷がオススメの人

写真年賀状の仕上がりにこだわる方にはオススメです。

結婚や新しい家族の誕生などを年賀状で伝える際、キレイな写真の方がお互い嬉しいものです。


【Rakpo公式】割引キャンペーン中!