男性悩む

写真入り年賀状を出したいけど、仕上がりが綺麗なのはどこなんだろう?
富士フイルムとかカメラのキタムラは安心できそうだけど、値段が高いんだよなぁ

ネンガポイント

綺麗な写真入り年賀状を安く印刷するならRakpo(ラクポ)の年賀状印刷がオススメ。
写真専門店にも負けないくらいの仕上がりで、値段もかなり安いんだ!
クーポンを使うと更に300円割引されるから、クーポンについても紹介するね。

Rakpoの年賀状印刷レビュー

2018年度(戌年)の年賀状印刷サイトを比較したところ、Rakpoは安くて写真年賀状の仕上がりも綺麗だと分かりました。
Rakpoを使用する際は、送料無料&早期割の公式キャンペーンページを利用しましょう。


【公式キャンペーン】Rakpo



Rakpoの年賀状印刷概要

Rakpoの年賀状印刷について特徴をまとめました。
年賀状印刷サイトの比較に役立てば幸いです。

宛名印刷 可能(有料)
最短納期 翌日発送
1枚あたりの単価(写真なし) 39.6円~(注1)格安
1枚あたりの単価(写真あり) 70.7円~(注1)格安
受け取り方法 自宅へ配送
店頭(大阪営業所)引き取り
決済方法 クレジットカード
代引き、銀行振込
キャリア決済(ドコモ、ソフトバンク)
ポスト投函 可能
特別割引 55%OFF
11/19まで
特典 年賀状保管箱
年賀シール
プリスタクーポン(1,360円分)
デザインツールの特長 シンプルで使いやすい。デザインの絞り込み機能が弱く感じた。
参考:Rakpoで年賀状印刷する手順

注1:100枚印刷、宛名印刷無しで見積もり。官製はがき代別。送料・税込み。2017/11/06時点の価格
上記は該当サイトの表記内容を元にまとめました。内容に誤りがないか十分確認していますが、注文前には、Rakpoの公式サイトを改めて確認してください。

Rakpoの特長まとめ

ネンガポイント

Rakpoは写真年賀状の仕上がりがいいのに印刷代が安いので、自信をもってオススメできる印刷屋さんだよ

男性喜ぶ

じゃあ、年賀状はラクポで決まりだね!

ネンガ泣く

写真を使わない年賀状を注文するなら、他にも選択肢はあるよ。
それと、宛名印刷を含めるとお得感は少しだけ薄れちゃうんだ

Rakpoは宛名印刷が有料(1枚27円)です。宛名印刷が無料の年賀状印刷もあるので、宛名印刷を含めると相対的に安くはなくなってしまいます。
また、写真年賀状の仕上がりは印刷屋さんによって差が出てきますが、カラー印刷の場合はそこまで差を感じません。
イラスト年賀状や写真をカラープリンターで印刷するタイプの年賀状であれば、Rakpoにこだわる必要はないでしょう。

イラスト年賀状のオススメは、挨拶状ドットコムとふみいろ年賀状です。
どちらも平均よりも安いですが、それぞれ特長があります。

  • 挨拶状ドットコム:すべてオリジナルデザインで、おしゃれな年賀状が多い
  • ふみいろ年賀状:入力ミスでも再印刷が無料。万全のサポート体制でパソコンに不慣れでも注文しやすい。

Rakpoの写真年賀状について

写真年賀状の仕上がりがキレイとは言え、感じ方も人によって違うでしょうし、だいたいの印刷屋さんであれば綺麗に仕上げてくれます。
ただ、Rakpoは印刷代も安いので、あえて他を選ぶ必要もないのかなと思います。
ちなみに、どのような過程で写真年賀状の仕上がりを比較したのかは、写真年賀状の画質を徹底比較!仕上がりがキレイなのはどこ?で紹介しています。

写真年賀状といえば、富士フイルムやカメラのキタムラなどの写真専門店が思い浮かぶかもしれません。
たしかに、富士フイルムやカメラのキタムラも綺麗に仕上げてくれますが、値段が高い。
Rakpoの倍近い料金です。

写真年賀状の仕上がりを決める大きな要因は3つあります。
印刷機、印画紙、画像補正ソフトです。
Rakpoはすべて富士フイルムの純正品を使用しています。
それで、写真専門店より半分近い値段で印刷できるのですから、お得な感じがしますね。

Rakpoの年賀状はどれだけ安い?

男性光る

Rakpoの年賀状は安いと言っているけど、どれくらい安いの?
宛名印刷を含めると高いのかな?

ネンガ挨拶

他の年賀状印刷屋さんの価格も調査しているから、相場と比較してみたよ

「宛名無し」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

年賀状印刷屋さんを見てみると、イラスト年賀状は4,700円~5,300円が相場、写真入り年賀状は5,200円~5,800円が相場と言えます。
Rakpoはイラスト年賀状が3,750円、写真入り年賀状は4,695円なので、相場よりもかなり安いことが分かります。

イラスト年賀状 写真入り年賀状
年賀状印刷の相場 4,700円~5,300円 5,200円~5,800円
Rakpo 3,750円 4,695円

「宛名有り」で年賀状を30枚印刷するのにかかる費用で比較

宛名印刷可能な年賀状印刷屋さんを確認すると、イラスト年賀状は5,100円~6,600円、写真入り年賀状は6,000円~7,300円が相場と言えます。
Rakpoはイラスト年賀状が4,560円、写真入り年賀状は5,505円なので、相場よりも安いことが分かります。
宛名印刷に基本料はかかりません。1枚あたり27円の印刷代だけです。

イラスト年賀状 写真入り年賀状
年賀状印刷の相場 5,100円~6,600円 6,000円~7,300円
Rakpo 4,560円 5,505円

相場の根拠:当サイト掲載の年賀状印刷の価格帯を3つに分けて中央の価格帯。
※2017/11/05時点の価格

Rakpoの年賀状印刷は全体的に安い価格設定です。宛名印刷を注文しても相場よりは安いです。
とくにイラスト年賀状は安いですが、写真年賀状も品質が高い割りにはかなり良心的な価格設定だと言えます。

Rakpoの年賀状印刷は使いやすいのか?

年賀状のデザインが豊富なのですが、検索や条件絞り込みが弱いため、お気に入りのデザインを探すのが少し手間です。
(「たて」、「よこ」や「和風」、「ポップ」などのカテゴリーを選ぶことはできますが、条件を追加していく絞り込みができないのは、少し不便を感じます)

しかし、写真付きのデザインであればページ数も多くないので、比較することは簡単でした。
このあたりからも、本当に写真年賀状に特化した年賀状印刷サイトなんだなと感じますね。

Rakpo写真編集

Rakpoの年賀状の仕上がりは?

実際にRakpoから写真入り年賀状を注文しました。
佐川の宅急便で配達されました。中身はプチプチで梱包されているので、配達中に塗れたり折れたりする心配はいらないでしょう。

rakpo年賀状2018荷姿

箱を開けると、更に年賀状が箱に入っています。丁寧な梱包ですね。

rakpo年賀状2018

Rakpoの年賀状を注文すると無料プレゼントがあります。

rakpo年賀状2018

右に見えるのが年賀状シール。年賀状に貼ってオリジナル感を出すこともできます。それよりも、お年玉袋の封をするのに使えそうです。
左に見えるのがプリスタの1,360円分クーポン券(実際のクーポンはメールで送られます)。
この手のクーポンはあんまり嬉しくないと思ってたんですが、Rakpoと同じ運営会社のプリスタでは、カレンダー、スマホケース、名刺などが注文できます。
カレンダーと名刺は送料込みでも1,360円に満たないので、クーポンを使えば無料でもらえるんですね。これはちょっと嬉しいプレゼントでした。

こちらが印刷された写真入り年賀状です。
大満足な仕上がりです。さすがフジカラー純正品を使っているだけのことはあります。

rakpo年賀状2018

こちらは顔の部分のアップです。細かい髪の毛も精彩に表現されていますね。
Rakpoは印刷前に画像を補正してくれるのですが、元の画像よりも人物がクッキリと美しく表現されていると感じました。肌の色も健康的に写っていましたよ。

rakpo年賀状2018

印画紙もいいですね。手に持った感じがツルっとしていて、写真特有の少しベタ付く感じが一切ありません。
「あー、いい紙使ってるなー」というのが伝わりました。

Rakpoのクーポンはあるの?もっと安くできる?

ネンガポイント

Rakpoはもともと格安料金なんだけど、クーポンを使って更に300円割引することができるよ。

男性光る

クーポン。。安く。。詳しく聞こうか

ネンガ喜ぶ

すでにRakpoから注文したことがある人に限定で送られるメルマガにクーポンコードが記載されているんだ。

rakpo2018クーポン

Rakpoのクーポンは7桁の乱数なので、他で使いまわしされない仕組みだと思います。
インターネットで【Rakpo(ラクポ) クーポン】【Rakpo(ラクポ) クーポンコード】【Rakpo(ラクポ) キャンペーンコード】と調べても、有効なクーポンをネット上で見つけることはできませんでした。

Rakpoの年賀状印刷がオススメの人

ネンガ喜ぶ

写真年賀状の仕上がりにこだわる方にはオススメだよ。
結婚や新しい家族の誕生などを年賀状で伝える際、キレイな写真の方がお互い嬉しいよね。

男性光る

年賀状を安く準備したい人にもオススメだね。
宛名印刷があっても相場より安いし、宛名印刷なしなら格安。

ネンガ走る

Rakpoの早割は早い時期に注文するほど割引されるよ。
割引率が下がる前にいそげー


【公式キャンペーン】Rakpo