男性悩む

落ち着いた高級感のある喪中はがきを用意したいんだけど、ネットの注文でも大丈夫かなぁ。

ネンガ挨拶

平安堂は落ち着いたデザインも多いし、和紙を使った高級感ある喪中はがきも印刷してくれる。
60以上も実店舗があって、30年以上も続いている印刷屋さんだから安心して注文できるね

平安堂は落ち着いたデザインの喪中はがきが多いです。
とくに和紙をはがきに張り付ける喪中和紙タイプは見た目も手触りも高級感が溢れ、平安堂らしい喪中はがきです。
文章や差出人を薄墨印刷するオプションがあるので、喪中はがきには薄墨文字を使いたい方にもオススメです。


【平安堂公式】キャンペーンサイトはこちらから



平安堂の喪中はがき印刷概要

宛名印刷 可能(有料)
最短納期 4営業日に発送
1枚あたりの単価(モノクロ印刷) 41.8円~(注1)
1枚あたりの単価(薄墨印刷) 53.1円~(注1)
受け取り方法 自宅へ配送、店頭受取(関東に約60店舗)
決済方法 クレジットカード、コンビニ後払い、代引き、店頭払い
ポスト投函代行 不可
特別割引 40%OFF
デザインツールの特長 差出人情報などを入力するだけで簡単
参考:平安堂で喪中はがきを注文する方法

注1:100枚印刷、宛名印刷無し。官製はがき代別。送料・税込み。2017/9/23時点の価格
上記は平安堂の表記内容(2017/9/23時点)を元にまとめました。内容に誤りがないか十分確認していますが、注文前には、平安堂の公式サイトを確認してください。

平安堂の特長

まず伝えなければならないのは、平安堂の喪中はがきは相場よりも割高です。
ですが、料金に見合ったサービス内容で平安堂の喪中はがきを注文する人も沢山います。

一番の特長は落ち着いたデザインが多く、中でも和紙を使った高級感ある喪中はがきでしょう。
和紙を使った喪中はがきは4種類しかありませんが、受け取った方は丁寧な挨拶状だと思うはず。
平安堂の喪中和紙はがきはこちらから確認できます。

ネンガポイント

高級私製タイプも格調高いデザインだけど、私製はがきに印刷するから、別途切手を貼る必要があるよ。
筆字タイプは喪中の挨拶文が筆字なんだけど、これはなかなか珍しいタイプだね。

ネットでの購入は不安という方には平安堂がオススメです。
平安堂は支払い方法にコンビニ後払い(NP後払い)が選択できます。
喪中はがきを受け取ってから、送られてくる請求書をも持ってコンビニで支払いをするだけです。
また、平安堂ははがき印刷だけではなく、印鑑の制作もしていて実店舗も関東に約60店舗あります。

平安堂の喪中印刷は安いのか?

高級感ある喪中はがきの多い平安堂ですが、やはり印刷料金は高いです。
また、宛名印刷が有料です。基本料金1000円と1枚あたり30円で、宛名印刷代は割引対象外です。
宛名印刷を注文する場合は、宛名印刷無料の印刷屋さんもあるので比較してみるといいでしょう

宛名印刷無しで喪中はがきを30枚印刷するのにかかる費用で比較

一般的な印刷屋さんと平安堂で喪中はがきの価格を比較してみましょう。

モノクロ印刷 薄墨・カラー印刷
喪中はがきの相場 3,900円~4,700円 4,700円~5,700円
平安堂 5,039円 5,868円

宛名印刷有りで喪中はがきを30枚印刷するのにかかる費用で比較

一般的な印刷屋さんと平安堂で喪中はがきの価格を比較してみましょう。

モノクロ印刷 薄墨印刷
他喪中はがきの相場 4,600円~5,500円 5,200円~7,600円
平安堂 7,156円 7,984円

相場の根拠:当サイト掲載の喪中はがき印刷の価格帯を3つに分けて中央の価格帯。

平安堂の喪中はがきはかなり高いと言えます。
とくに、モノクロ印刷が他の印刷屋さんに比べて高いですね。
宛名印刷が有料なので、宛名印刷無料の印刷屋さんに比べるとどうしても高くなってきます。

もし、平安堂をお得に利用するなら、宛名なしでカラーデザインを選択するといいでしょう。
宛名は手書き(もしくは自宅のプリンター)という方は平安堂をお得に利用できるといえます。

平安堂の喪中印刷は使いやすいのか?

挨拶文や差出人を入力するだけなので、非常に簡単です。
ネットショップでの買い物ができる方なら、問題なく注文できるはずです。
万が一操作や喪中はがきについてわからないことがあっても、電話でサポートを受けることができます。

インターネットから喪中はがきを注文することに不安を感じる方は平安堂での注文をオススメしたいです。

また、故人の名前を二名まで入れることができるので、年内に親族が二名亡くなった場合は平安堂で喪中はがきを作るといいでしょう。

デザイン選びから注文までの詳しい使い方は平安堂で喪中はがきを注文する方法を参考にしてください。

平安堂の喪中はがきの仕上がりは?

平安堂から実際に喪中はがきを注文してみました。
9/18の16時に注文して、9/20の14時に発送完了のメールを受け取りました。
注文日入れて3日で発送ですが、校正の返事をこちらが1日止めてしまったので、実質2日で発送してくれたことになります。
平安堂のホームぺージでは注文日いれて4営業日には発送とあったので、かなり多めに見積もっての発送見込みなんでしょうね。

通常は宅配便で届くのですが、送料が350円かかります。
DM便は送料が120円ですし、ポストに投函してくれるので、今回はDM便で注文しました。

平安堂の喪中はがき荷姿

普通の茶封筒ですが、中身は折れを防ぐために厚紙を一緒にいれてあります。
また、水濡れや汚れを防ぐためにビニールで包装されているので、配送中に折れたり汚れたりの心配は不要です。
(万が一届いた喪中はがきが折れていた等あれば、すぐにサポートまで連絡しましょう。交換をしてくれます)

カレンダーや寒中見舞いはがきなどの付属品はありません。

それでは、気になる喪中はがきの仕上がりを確認してみましょう。

平安堂喪中はがき

やはり印刷屋さんの仕事だけあり、自宅のプリンターとは全然違います。
インクのにじみなどはなく、きれいに印刷されています。
デザインの話になってしまいますが、背景の草色とクローバーが温かい感じを醸し出し、品のいい仕上がりだと感じました。

今回は筆文字デザインではありませんが、冒頭の喪中挨拶文は筆文字風で印刷されているので、ほかの喪中はがきよりも少し格調高く感じます。

平安堂喪中はがき

平安堂の喪中はがきまとめ

ネンガ喜ぶ

落ち着いたデザインが多い。とくに和紙を使ったデザインは上品。
デザイン選びから注文までが非常に簡単。
コンビニ後払いが利用できる

ネンガ泣く

価格はかなり割高
宛名印刷が有料


【平安堂公式】キャンペーンサイトはこちらから